数学嫌い必見!苦手克服のための一歩を踏み出そう!

数学嫌い必見!苦手克服のための一歩を踏み出そう!

数学なんて嫌い!勉強したくない!

数学が苦手で勉強するのがつらい…

 

こういった生徒は一定数いるんじゃないかなーと思います。

 

「点Pなんで勝手に動くの」

「忘れ物した弟を後から自転車で追いかけるなよ」

といった数学あるあるなネタもよく見かけますね。

 

私自身数学が苦手だったという意識はありませんが、家庭教師のアルバイトをしていた際、数学が苦手な生徒を担当していました。

その頃の話も交えながら、数学嫌い克服のためのポイントを解説していこうと思います。

 

STEM教育という言葉も登場し、いわゆる「理数系」科目が今まで以上に重視されるようになります。

ただ単に「授業についていくため」「受験に使うため」だけでなく、社会に出てからも数学的思考を役立てられるような学習をしてもらえたら、と思います。

(STEM教育については、こちらの記事に詳しく書いているのでよろしければご覧ください。)

なぜ数学が嫌いなのか?

数式が理解できない

公式見るだけで嫌なんです…

私が担当していた生徒に実際言われた言葉です。その生徒は三角関数の基本で躓いていました。

sinθの基本的な値から公式まで、すべて記憶しようとしていて嫌気がさしていたようでした。

単位円の考え方を詳しく教えると、公式の表す意味をうまく頭の中で視覚化できたみたいで、問題もスラスラ解けるようになり、テストで高得点が取れたことでやる気もアップするという、「本当か?」と疑うような好循環が生まれました。

実際に数式が苦手な生徒は、その数式が表す意味を視覚化してみるとイメージしやすいかもしれません。

ただ、例えば視覚化の観点から「グラフを描いてみる」というだけは不十分で、数式と結びつけて考えられるかが重要ですね。

また、公式の理解という意味では、公式を証明できるようにしておくのも効果的です。

もっとも、式変形に抵抗感があるうちは、中々難しいかもしれません。そういうときは「どこが分からないのか」を明確化しておく必要があります。「無知の知」というやつですね。

簡単な問題は解けるが、テストの問題が解けない

「授業でやってる内容は分かるけど、いざ試験になると解き方が分からない...」

といった生徒は「考え方が分かっているのではなく、解き方を暗記している」可能性があります。応用的な問題が難しいと感じるタイプですね。「数式が理解できるようになる」段階からテストの問題が解けるようになる段階までは、問題を繰り返し解いてある程度解き方まで身に付ける必要があります。それまで正直つらいですが、これを乗り越えると、数学は覚えることも少ない楽な教科という認識になりますよ。

「え?それができたら苦労しないよ」と言われそうですが、数学に限らずテストの問題が解けるようになるまでは正直「慣れ」です。そして慣れるまでは解答までの過程を省略せず、丁寧に答案を作り上げることをオススメします。これは頭でしっかり理解しながら解く癖をつけるためです。

ただ注意すべきは、「解き方を暗記する」のではなく、「考え方を身に染み込ませていく」ということです。これは公式の理解にも当てはまりますが、そうでないと応用問題に対応できません。機械的に解くのではなく、なぜその方法で解くのか?というところまで考えながら解く癖をつけておくことが重要です。

社会に出てから使わないと考えている

こんなのやって将来なんの役に立つの?

こういった疑問、数学に限らずよく聞きますよね。

実際には社会に出てからも直接数学を使う仕事もありますし、仕事で使わずとも数学の恩恵を受けている場面は多々あります。

それは生徒にはまだ理解できない話かもしれませんね。ですが、数学を通じて学べることは数多くあるのです。

単なる計算問題も「何と何が等しいと言えるのか?」考えながら解きますし、証明問題は「何を示せばよいか?」を論理的に組み立てて解きます。

そういった「数学的思考力」はむしろ社会に出てから必要になってくる能力かもしれません。

「数学的思考力」という能力が分からなくとも、究極的に言えば、嫌いなこと(=数学)に対して根気強く取り組むことも社会に出てから役に立つ立派なスキルですからね。

まとめ

数学が嫌いな要因はまだあると思いますが、苦手意識さえなくなれば少なくとも「嫌い」という感覚はなくなります。

ゲーム好きな生徒に対しては、数学はパズルゲームで、試験は点取りゲームだ!といってやる気を出してもらったこともあります。

生徒によっては勉強全般が嫌いだったり、特定の教科だけは好きだったり、様々だと思います。数学に限らず、嫌いなことを勉強するということは苦しいですが、発想や認識の転換で捉え方を変えてあげることが学びのコツだと思います。

数学は楽しい学問です。(もちろん、深い部分まで踏み込むと正直私もお手上げですが…。)

「嫌いだ」などと思わずに、気楽な気持ちで取り組んでみてはいかがでしょうか。