ICT教育とは?具体的に見ていく

ICT教育とは?具体的に見ていく

ここ数年でよく耳にするようになった「ICT」という言葉。

政府主導により教育界でも導入を進めている最中ですが、日本のICT教育は諸外国と比べて中々進んでいない様子。

そもそもICT教育とは何なのか、なぜ導入を進めようしているのか、今後どうなっていくのかについて詳しく解説します。

『ICT』教育とは?

ICTとは、「Information and Communication Technology」の略語で、情報通信技術を指します。

「情報通信技術について学ぶの?」と思われるかもしれませんが、そうではありません。

教育にパソコンやタブレット端末を導入し、インターネット等の情報通信技術を活用して教育方法の幅を広げる手法のことです。

つまり、ICTについて学ぶのではなく、ICTを教育のツールとして用いるということですね。

文部科学省・経済産業省・総務省「初等中等教育における情報教育等の推進」では、以下の内容がポイントとして盛り込まれています。

○教育のICT化に向けた環境整備5か年計画(2018〜2022年度)
・新学習指導要領においては、情報活用能力が、言語能力、問題発見・解決能力等と同様に「学習の基盤となる資質・能力」と位置付けられ、
「各学校において、コンピュータや情報通信ネットワークなどの情報手段を活用するために必要な環境を整え、これらを適切に活用した学習活動の充実を図る」ことが明記されるとともに、
小学校においては、プログラミング教育が必修化されるなど、今後の学習活動において、積極的にICTを活用することが想定されています。

プログラミングの必修化が決まったことで、ICTの授業活用が加速するため、ICT環境整備を強化するようです。

現状は児童生徒に対して教育用のコンピュータの普及はいまひとつであり、早急に普及を促すために必要な経費について地方財政措置を講じることとされています。

目標としている水準としては、「学習者用コンピュータを3クラスに1クラス分程度整備」「超高速インターネット及び無線LANを100%整備」「ICT支援員を4校に1人配置」など、

あらゆる側面での環境整備となっており、プログラミングが必修化される2020年に間に合うのか?という声もあるようです。

なぜ導入が必要なのか?

導入の目的は、大きく分けて次の2点。

1.情報活用能力の育成

2.教科の学習目標達成

1について、小学校の段階では「基本的な情報機器の操作」や「適切な情報活用の学習活動」を行えるようにし、「情報モラル」を身に付けることを目標としています。

さらに中学校では「適切かつ主体的、積極的な情報活用の学習活動」および「情報モラル」を充実させるとなっています。

では、具体的に何を行うのでしょうか。

文部科学省HPの小学校の情報活用能力基準リストから一例を引用します。

○インターネットの閲覧や電子メールの送受信ができる
コンピュータや情報通信ネットワークなどの情報手段の活用に当たっては、小学校段階ではそれらに慣れ親しませることから始め、
キーボードなどによる文字の入力、電子ファイルの保存・整理、インターネットの閲覧や電子メールの送受信などの基本的な操作を確実に身に付けさせる(総則)

「え?そんなことからやるの?」と筆者は一瞬思ってしまいましたが、小学生が初歩から学ぶとしたらこういったところからなのかな?とも思ったり。

少なくとも基本的なコンピュータの操作方法からしっかり教育することを目指していることが伺えますね。

ただ、教える立場側からすると様々なことを意識しながら授業を行わなければならないので、大変そうですね…。

2についてはどうでしょうか。端的に言えば、学力の向上を狙いとしていますよね。

ICTの利用で板書が不要になったり、紙の利用が減ったりと、一定の効率化が図れそうな印象はありますが…。

具体的な活用事例として、再び一例を引用しようと思います。

○小5年 理科 「体のつくりや働き」
動画コンテンツなどを活用して、人や動物の体のつくりや働きなど、実際に見えにくい現象を提示して、呼吸、消化、排出及び循環の働きを理解させる

○中全学年 外国語(英語) 
映像と音声を繰り返し示して発音等をさせることで、英単語の意味や読み方を確実に理解できるようにする

民間の教育サービス業者も既にこのような手法を用いた視覚的にも分かりやすい教材を提供していますよね。

ただ、これが学習目標の達成に効果的か断言はできませんね。やり方次第だと思います。

一方こちらも、教師側のリテラシーによっては、現場において大きな負担になるかもしれません。

今後の普及について

政府による財政措置があるため、ICT教育普及のボトルネックとなり得る地方財政の問題はある程度緩和されたと言えます。

プログラミング必修化に伴い、ICT教育の普及は加速すると思われますが、現場特に教師側の負担は一時的に大きくなるでしょう。

それが普及の阻害要因となる可能性は十分にあります。学校側の体制が急速に変化するというのも少し考えにくいです。

一方、教員の働き方改革を進めるため、ICTを利用した業務効率化が進むとの見方もあり、今後どのように普及が加速していくのか、目が離せないところです。

子どもがより学びやすい環境整備が進むといいですね。