現役エンジニアが伝えたいタイピング練習のコツ&オススメサイト3選!

現役エンジニアが伝えたいタイピング練習のコツ&オススメサイト3選!
(最終更新:2019年10月25日)

 

社会人だろうと学生だろうと、どんな人でも等しく身につけておくべきスキル、それがタイピングです。

早く、正確なタイピングができると、仕事でも日常生活でも、様々なメリットがありますよね。

この記事では、キーボードと心中まっしぐらな現役エンジニアが、オススメのタイピング練習方法をお伝えします。

どこでも役に立つスキルなので、お子さまがいらっしゃる方にもぜひ読んでいただき、家族みんなで練習してほしいと思います。

 

 

こんにちは!

キッズプログラミング、エンジニア兼ライターのgmagmaです!

 

皆さん、タイピングって得意ですか?

 

「なんとなくやってるだけで、得意とは言えないかなあ…」

「練習したほうが良いのはわかってるんだけど…」

「同じ部署のアイツ、めちゃくちゃタイピング早くて羨ましい…」

 

そう思っている方がいらっしゃいましたら、その状況、今日から卒業を目指しましょう!

今回は、エンジニアとしてタイピング練習に精進している僕が、重要だと感じるコツ、そしてオススメの練習サイトをご紹介いたします!

タイピングって重要なんです…マジで。

 

「タイピング、もっと早く練習しとけばよかった…」

 

僕がそう思ったのは、1年前、エンジニアとしてコードを書き始めた頃です。

「これからはPCとズブズブの関係になろう。そのためにもタッチタイピングはできないとまずいな…」

そう考えて練習をスタートし、はや一年超。
めちゃくちゃそれなりに上達したと感じる今になって思うのが、「いや、学生の頃からやるべきだったわ…」ということです。

だってよく考えると、学生時代にもレポートや卒業論文、非エンジニア時代にも資料作成等、キーボードめちゃくちゃ使ってましたもん…。
その時にも、「もっとタイピング上手かったら、効率よく進められるのにな…」、みたいなことは考えたはずなんですが、なんで練習しなかったんですかね…。

 

マジでタイピングの練習は早ければ早いほうが良いです。
絶対に自分に返ってきます。

 

ちょっと考えるだけでも、以下のようなメリットが。

  • 作業スピードが上がる。
  • 打ちながら、「あれ、この続き、なんて打とうとしたっけ…?」という悲劇がなくなる。
  • 以上により、作業効率が上がり、自由な時間が増える。
  • PC関係の仕事に対し、心理的ハードルが下がる。
  • タイピング速いと、「仕事できる」と思われやすい。
  • タイピング速いと、なんかかっこいい。
  • タイピング速いと、持病が治る
  • タイピング速いと、部活でも大活躍。
  • タイピング速いと、意中のあの子とうまくいく。
  • …etc
「さあ、次はキミの番!」

 

 

 

…何研ゼミだよという感じですね。
このネタも大概使い古されてる感が。

なにはともあれ、作業効率が上がることは素晴らしいことです。
単純に、仕事も早くなりますしね。

 

練習のコツ


僕が普段気をつけているコツを3つ、紹介したいと思います!

どれもありきたりに思えますが、毎回必ず意識するのって、結構むずかしいんですよねえ。

とにかく下を見ない!

キーボード見ちゃダメです。
絶対にダメ。

練習中は、手元隠すなり、頭の位置を固定するなりして、絶対に下を見ないでください。

最初は全く進まないと思います。
手探りでも、正しいキーを見つけて打ち続けることで、体にキーの位置が覚え込まれていきます。

必ず戻ろうホームポジション

キーの位置を覚えるまでは、徹底的にホームポジションをキープしましょう。
「ホームポジションに対して、キーがどこにあるか」を、体に覚えさせます。

端の方のキーを打つと、どうしても手の位置がズレがちですが、しっかり戻らないと、いつまで経ってもキー配置と手の動きが一致しません。

「速く」ではなく「正確に」

これ、個人的に一番大事だと思います。

練習してると、「速く!速く!」と気持ちが焦ってしまい、ミスタッチを連発しがちです。

タイピングが上手い(速い)人は、ミスが少ない人です。

ミスタッチを削除して打ち直すのはとても非効率です。
多少スピードを犠牲にしてでも、正確なタッチを心がけて練習することが、上達への近道になります。

 

 

以上、3つのコツをご紹介しました。

大切なのは、「キー配置をしっかり覚えて、正確に打つこと」

これができるようになれば、スピードはついてくるはずです。

オススメ練習サイト3選!

 

Web上には無料でタイピングの練習ができるサイトがたくさんあります。
素晴らしい時代ですね…。

以下、僕の独断によるおすすめサイトを3つご紹介します。

e-typing

https://www.e-typing.ne.jp/
僭越ながらオススメです。
毎週変わるお題にまつわる単語をタイプし続けます。
制限時間はなく、出される単語をすべてクリアしたら終了する、というもの。

間違えた単語だけを復習するシステム
英語タイピングモード

などがイチオシの理由です。

前者については、ミスを反復練習できるのはシンプルに上達への近道ですし、後者については、英文を打つということが、日本文とは全然違うことが痛感できます。

Popタイピング

http://typingx0.net/pop/

Mya氏が運営されている個人サイトNeutralにて公開されています。

タイピングしながら、ポップコーンを無数に召喚するという不思議な世界観のゲームです。
経験値、レベル制を採用しているため、そういうのが好きな方にはおすすめですね。

あと、ポップコーンを召喚する音がめちゃくちゃ気持ち良くて、癖になります。パチパチっと。

寿司打

http://typingx0.net/sushida/
同じくNeutralにて公開されている、超有名ゲームです。
制限時間中に、正しくタイプできればできるほど、お寿司にありつけるという、サバイバル感満載のシステムですね。

いくつかモードが存在します。
お皿を取りこぼしたらアウトの「速度必須」
一度でもミスタッチしたらゲーム自体が終了する「一発勝負」
など、磨きたい方向性に応じて選択できるのが良いですね。

まとめ

偉そうなことを言っておきながら、この記事執筆中にめちゃくちゃ誤字しました。
(今もまだあるんじゃないかとビクビクしてます…。)

楽しく練習できるツールに恵まれているこのご時世なので、気軽に練習を始めてみるのが吉だと思います。

僕もまだまだ発展途上です。ぜひ、一緒に頑張りましょう。